MENU

【驚愕】いやぁ〜びっくり…

2018年12月12日

From:清水一樹

@清水整体院デスクより、、

 

 

 

本当はこっちを研修会後にあげるはずでした!事件が起きたので…

(前回のブログをご参照ください)

 

 

 

 

 

先日、師匠の施設Physio Lab.が行なっている骨関節編のコース研修会に参加したことはと伝えしましたが、

 




通常5週間に渡り開催しているものを2日間で開催していただき、本当にたくさんの情報を詰め込むことができました!!

 

 

 

 

 

その研修会の最後に、師匠がPhysio Lab.を開設した2つの理由を聞く機会がございました。

 

 

僕も以前のブログで、開業の理由を書きましたが、師匠もほぼ同じ理由を持っていました。

 

 

 

 

 

 

その一つに、「無駄な手術を受ける方を減らしたい」というものがあり、研修会から帰ってきて、いろいろ調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、僕の整体院も師匠のLab.も完全自費で行なっています。しかも、安くはない!ですが、この技術で、しなくても良い手術を回避できたらどうですか?

一番わかりやすいところで、手術費用との比較を行いました。

 

 




腰痛の手術で多いのは、ヘルニアと脊柱管狭窄症だと思います。

手術方法や各施設により料金の違いはあると思いますが、



厚生労働省による「医療給付実態調査報告書平成27年度」によると、椎間板ヘルニア(椎間板障害)の治療にかかる治療費の平均自己負担額は、511,000となっています。

 



さらに術後にリハビリを行ったりすればその分の料金が加算されることになります。

全てを合わせると、100万円以上になることも少なくないようです。

 

 

 

 

 

 

 

こんなにかかるの!?!?

正直、予想外でした……。

 

 

 

 

 

 

お金のことだけをいうと批判があるかと思いますが、このロジックを考えていただければ一番わかりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

もし、この手術を受けても痛みがなくならない、痺れが取れなかったらと考えるとどうですか?

 

 

 

 

 

 

逆に手術をせずに症状が改善できたらどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

回避できるのは全ては技術によるものです。




技術があることで、救われる方は多くいます。




現に、師匠の施設Physio Lab.や清水整体院では病院から逃げてきた(語弊があるかもしれませんが)方の多くを救うことができています。

 

 

 

 

 

この技術を行なっている治療者は全国の理学療法士の中で0.07%ほどしかいません。

(※独自の集計による)

(この技術は細く分ければ独自の技術であるため、もっともっと少ない)




少ない!!





少ないからこそ価値はありますが、もっと多くの方にこの技術の習得をしていただきたいものです。

これが2つ目の理由になります。

 

 

 

 

 

 

手術が好きな方は結構ですが、

そんな方はいないでしょう。


不必要な手術を防ぐことで、結果、医療費の抑制にも繋がります。

 

 

 

 

ー清水一樹

 

 

 

 

 

 

ps

こんな治療者集団に入りたい方はいますか?


こんな治療者集団の施術を受けてみたい方はいますか?


ご一報お待ちしております。

【新着】あなただけに教える痛みの真実

      院長のブログ


アーカイブ

2019


© 2019 宮崎県高鍋町の整体痛みの改善専門整体院 Body innovation清水整体院 All rights reserved.