MENU

【夢】辞表、そして開業

2018年11月12日

while the others are wishing.jpg

 

 

 

 

From:清水一樹

 

@清水整体院より、、、

 

 

 

 

前回までの記事

第1話【真実】僕はこうして始まりました。

 

第2話【出会い】東大阪の狂人現る。

 

第3話【変化】行動・意識改革!!

 

 

 

 

 

 

師匠との衝撃的な出会いから、半年も経たないうちに僕は辞表を提出した。

 

 

 

 

 

 

なぜ、クリニックを辞めようと決意したのかというと、ざっくり言えばクリニックでの限界を感じたからである。

 

 

 

 

その後、開業までに接骨院でも1年半働いたが、ここでもやはり限界を感じた。

 

 

 

 

 

保険診療での限界である。

 

 

 

 

 

 

医療保険の対象になるには、期限が設けられており、また、僕たち理学療法士は“医師の指示のもと”という縛りもある。

 

 

 

 

 

よく、術後のリハビリという言葉があるが、そんなものは存在しない。

手術は医療の中で最終手段であり、手術をすればあとはすることがない。勝手に回復するのを待つのみ。

 

 

 

 

 

 

 

腰痛で病院を受診し、レントゲン、MRIを撮影後、ヘルニアや狭窄症が見つかればすぐに手術。そして、その後はリハビリを頑張りましょう、これが、今の一般的な病院での流れである。

 

 

 

 

 

 

しかし、手術をしても痛みや痺れが取れない人をたくさん見てきた。そして、理学療法士や作業療法士、所謂リハビリ職のせいにされる。

必要のない手術をされた患者も被害者である。

 

 

 

 

 

 

 

こういう現状をを変えるためには、保険に守られている環境ではなく、完全自費でやるしかないと思い、開業を決意した。

 

 

 

 

 

 

 

僕にはこの事業を通しての夢・目標がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず第1に、不必要な手術をされる患者やリハビリによって2時的な障害を作られてしまう可能性を無くし、一人でも多くの方を救うこと。

 

 

 

 

 

 

 

そして、第2に、病院やクリニックで燻っている理学療法士・作業療法士を本当の意味での治療家に育てることである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大阪の師匠も今年開業された。ものすごい勢いで、クライアントを救い、多くの理学療法士・作業療法士に本物を提供できる講習会を開いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕も負けていられない!

宮崎と大阪から発信し、理学療法士としての本当の立場を確立、そして、地域のみなさまを救える治療家がこれから育っていけばと思う。

 

 

 

 

 

 

次回、最終章!

乞うご期待!!!

 

 

 

 

 

 

P.S.

本気で痛みを取りたい方、痛みの治療で悩んでいる理学療法士の方。

ご連絡ください。

あなたにとって有意義な情報を提供します。

 

 

 

 

ー清水一樹

 

【新着】あなただけに教える痛みの真実

      院長のブログ


アーカイブ

2020


© 2020 宮崎県高鍋町の整体痛みの改善専門整体院 Body innovation清水整体院 All rights reserved.