MENU

【膝の内側が痛いあなた…変形しているから手術?】

2019年2月11日

【膝の内側が痛いあなた…変形しているから手術?】

From:清水一樹

@清水整体院デスクより、、、

 

 

ある女性は少し硬めのソファーに座っていました。

病院の待合室です。

 

この日は予約していた診察の日。

レントゲンを撮り終えひたすら待っている。

 

 

「〇〇さん、どうぞ診察室にお入りください。」

 

……

 

「あ~軟骨がすり減ってますね~変形もしてるから痛みがあるんでしょう。とりあえず、膝の注射を週に1回していきましょうね。あとはリハビリをして、ももの筋肉を強くしていきましょう。」

 

 

 

それからこの女性は3ヶ月もの間注射に通い、電気治療と所謂リハビリも続けました。

 

リハビリの内容はというと、硬くなった太ももの筋肉をほぐすマッサージに、筋トレ。

 

 

しかし、痛みは変わらず、変形も進んでいました。

 

 

 

さて、これまでの中でどこに間違いがあるでしょうか????

 

 

僕のブログを読んでいただいている方はもうお分かりですよね?

 

 

 

 

変形しているから痛い?

 

間違いです。

 

この画像を見ていただけたら分かると思います。

 

この方は上記のような治療をされて、手術を宣告されたがそれが嫌で当院に来られました。

 

膝の変形があり、O脚になっています。

 

Microsoft Word - 文書1のコピー 2.JPG

 

 

 

 

そして、これが施術後。

(約5分後です)

 

Microsoft Word - 文書2.docxのコピー.JPG

 

 

そうなんです。変形はあくまで結果です。

 

変形だから痛いのでなく、痛いから変形していきます。

ですから、痛みの原因を見つけ、そこに対してアプローチするだけで変形は改善されます。

 

 

起きている症候に惑わされてしまうと、本質が見えません。

 

 

そうならないために、検査の技術も必要となります。

 

 

レントゲン、MRIはあくまで補助的に使うものであり、それが全てではありません。

 

 

この女性は、今5回ほど通院されていますが、痛みは完全に消失しました。

 

 

この女性は言います。

「3ヶ月も痛い注射に、きついリハビリをしてきたけど何も変わらんかった。先生に会えてよかった~。旅行に行きたいからまだまだ通わせてね!笑」

 

 

 

あなたはどうですか?

このような治療をされていませんか?

 

もしくはあなたの周りにこのような方はいませんか?

 

 

もし本気で解決したいのでしたらどうぞお電話ください。ご紹介ください。

 

ー清水一樹

 

 

P.S.

師匠からハッパをかけられているので頑張ります!!

 

 

 

LINE@公式アカウント開設しました。

ご予約はこちらから!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お得な情報、特典準備中!!

https://line.me/R/ti/p/%40fes9697l

 

登録できない人は

『@fes9697l  』で検索!

 

 

「腰痛」「膝痛」「肩こり」

などの痛みをなんとかしたいあなた!

 

ご予約はこちら

お電話 0983-32-9255

 

ホームページ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.xn--tqqz41ag4az3s3lvj2p.com


【新着】あなただけに教える痛みの真実

      院長のブログ


アーカイブ

2019


© 2019 宮崎県高鍋町の整体痛みの改善専門整体院 Body innovation清水整体院 All rights reserved.